競馬予想を日刊スポーツの極ウマプレミアム「コンピ指数」でエンジョイします

日刊スポーツの極ウマプレミアムでコンピ指数

競馬コラム

競馬場やウインズよりネットで馬券を買う方がいい理由

更新日:

僕が馬券を買う際は、ほとんどネットで馬券を買います。かといって、競馬場やウインズに行かないわけではありません。競馬場やウインズにも行きます。しかし、それらの現場でも窓口で馬券を買うわけではなく、IPATで馬券を買うようにしています。

ネットで買う理由は、説明できるものから説明できないものまであります。明らかに説明できる理由は2つあります。

理由1.セルフコントロール

ほとんどこれに尽きると言ってもいいくらいです。ネットで馬券を買った方が自分の感情をコントロールできます。あくまでも自分の場合です。僕は現場の空気感に流されやすいタイプです。だからこそ、現場でもIPATでしか馬券を買わないようにしています。

馬券で勝つためには、自分の感情をコントロールできるかどうかは大切な要素です。しかし、馬券で勝てない人のほとんどは自分の感情に流されて馬券を買っているように見受けられます。僕は馬券で勝ちたくて馬券を買います。だからこそ、負けているような人と同じ行動をとりたくないのです。

行動の源泉は感情です。同じ行動をとらないためには、自分の感情をコントロールしなければならないという信念を持っているのはそのためです。そのための手段がネットで馬券を買うことだったりコンピ指数を使うことだったりするのです。

理由2.入出金を管理しやすい

時と場合によって、窓口購入とIPAT購入を使い分けていると、現金購入したときに記録しておくのが面倒になります。現金だと自分がやらなければいけないことが増えてしまいます。

でもIPAT購入で銀行口座で一括管理しておけば、お金の出入りが一目瞭然です。僕は競馬用口座を完全に独立させているので、勝ち負けの収支も簡単にチェックできます。簡単にチェックできることで、負けが込んできたときに警告を自分で発することも可能です。

負けが込んだときにやっていること

競馬だけに限らず、勝負事には波がありますよね?いいときもあれば悪きときもある。負けが込んできたときというのは、やはり流れは悪いです。そんなときに負けた分を取り返そうとして焦るとろくなことはありません。

大切なのは見送ること。無理して馬券を買わないことです。僕はコンピ指数で馬券を買うか買わないかを決めているのですが、流れが悪いときは普段よりも馬券購入の参入障壁をあげるようにしています。

指数という数字に従うことを決めていれば、あとはそれを実行するだけです。自分のルールを明確に決めて、決めたことを続けていく。その繰り返しです。少ない金額の負けで悪い流れをしのげれば、勝つチャンスは必ずやってきます。

大切なのは、馬券が的中したときにトータル収支がプラスになるようにセットしておくことです。馬券で勝つためには、感情の管理と勘定の管理はどちらも大切です。

>>日刊スポーツ「極ウマ・プレミアム」の詳細へ

-競馬コラム

Copyright© 日刊スポーツの極ウマプレミアムでコンピ指数 , 2019 All Rights Reserved.