競馬予想を日刊スポーツの極ウマプレミアム「コンピ指数」でエンジョイします

日刊スポーツの極ウマプレミアムでコンピ指数

競馬コラム

馬券にキャリアは必要ない

更新日:

競馬歴の長いベテランさんはそれまでに蓄積してきた経験、またはその経験に基づく知識や情報、勘といったものを駆使して馬券を買っている人も多いかもしれません。ただし、競馬歴の長さが馬券のうまさに比例するわけではありません。つまり素人でも勝てる世界でもあるのです。

馬券ビギナーは損得勘定で判断すればいい

競馬歴の短い人やビギナーだと、ベテランのような蓄積はありませんよね?でも蓄積は偉いわけでもなければ、的中を保証するものでもありません。それに競馬歴の長い人ほど3連単など、的中が難しい馬券に手を出しているような気がしてなりません。

馬券を年間通してコンスタントに買って、年間トータルでプラスに持って行くには的中が難しい馬券を買わないというのは、有効な馬券戦略の一つになります。つまり的中しやすい馬券を買っていれば、勝ちやすいわけです。

では的中しやすい馬券って何かというと、単勝と複勝です。単複馬券を狙いを定めて買っていれば、勝つチャンスに恵まれやすくなります。この戦略って、実はビギナーだけはなくベテランさんにも有効なんですけどね・・・

単複馬券が勝ちやすい根拠は控除率にあり!

競馬はれっきとしたギャンブルですが、公営ギャンブルでもあります。この公営ギャンブルには控除というものがあります。控除とは馬券が当たった時の払戻額から参加費用を差し引かれることを言います。控除される額のことをテラ銭といいます。このテラ銭がいくら引かれるかは買う馬券の種類によって違うのです。

控除率がどのくらいかは、JRAのホームページを見ればすぐにわかります。馬券を買ううえでいちばん割のいい券種は「単勝」と「複勝」です。単勝と複勝の馬券だと、的中した時に支払うテラ銭は20%の支払いで済みます。

ところがそれ以外の馬券だと25%引かれてしまいます。さらに高額払戻で人気のあるWIN5だと30%も差し引かれてしまうのです。確かに馬券をやっていく上で高配当は魅力的です。

ただし、当たればの話です。馬券が的中しても、低配当手取り額が少ない上に25%~30%も差し引かれてしまうのです。

まとめ

馬券が下手な人の特徴をまとめるとこんな感じになります。まず、難しい馬券を買う。でも負けたくないから低配当を狙ってくる。低配当がたまに当たる。でもプラスに持っていけるほどは回収できない。

負けたくなくて、的中させたくて低配当を狙ってしまうのなら、控除率の高い難しい馬券を買ってはいけないのです。

-競馬コラム

Copyright© 日刊スポーツの極ウマプレミアムでコンピ指数 , 2019 All Rights Reserved.